ブルース・リーの生涯 世界への雄飛


●1971年
2月 自身が原案・出演の『サイレントフルート』ロケハンのため、ジェームズ・コバーン、スターリング・シリファントとともにインドへ。
6月 香港の新興映画会社ゴールデン・ハーベスト社と2本の映画出演契約を交わす。

6・7月 『ロングストリート』第一話出演。ブルース・リー師祖本人を思わせる役柄で、アメリカでも再び注目を集める(脚本は弟子であるスターリング・シリファント)。その後、3エピソードにゲスト出演するが、別の脚本家が書いたシナリオではリー・チョン(役名)の人物設定が異なり、第一話の水準には及ばなかった。ただし、彼のアクション・シーンが観られるのは、ファンにとっては有難い。
7月12日 『ドラゴン危機一発(唐山大兄/The Big Boss)』撮影のため、タイ・ベイチュンに出発。
10月 『ドラゴン危機一発』公開。空前の大ヒット。

11月 九龍ウォータールーロードの明徳園マンションへ家族で引っ越し。アメリカから家族を呼び寄せ、いったん香港を活動拠点とすることに。

・10月から11月にかけ、第2作『ドラゴン怒りの鉄拳(精武門/Fist of Fury)』撮影。

12月9日 カナダのトーク番組「ピエール・バートン・ショー」出演。(ビデオ&DVD「The Lost Interview」)

●1972年
3月 『ドラゴン怒りの鉄拳』公開。前作を上回る大ヒット。興行記録を更新。

★前2作の監督ロー・ウェイと意見が合わず、『冷面虎/The man called Tiger』出演を固辞。ゴールデン・ハーベストとの共同出資で、コンコルド・プロダクション設立。
 自ら新作のアイディアを整理。第3作は製作・監督・脚本・武術指導・主演の『ドラゴンへの道』。(猛龍過江/Enter the Dragon<企画段階>後にThe Way of the Dragonに変更。『Enter the Dragon』のタイトルを気に入っていたブルース・リー師祖は、その題名を“より重要な作品のために”温存、翌年それは最高の舞台で実現する)

5月 『ドラゴンへの道』のローマ・ロケ。キャメラ・マンの西本正、ノラ・ミャオ、チャック・ノリス、レイモンド・チョウなどの少人数で約2週間の撮影を行う。
・九龍塘の大邸宅”栖鶴小築”に引越。莫大な費用をかけ、内装や庭を改造。
『ドラゴンへの道』のセットを使い、時代劇『細鳳』のスチール撮影

9月 ☆『死亡遊戯(Game of Death)』アクションシーンを撮影開始。撮影時のカチンコは、「試鏡(テスト)」〜「黄面虎」〜「死亡的遊戯」となっている。

12月 『ドラゴンへの道』公開。さらに記録を塗り変える大ヒット。
・『燃えよドラゴン(龍争虎闘/Enter the Dragon)』の契約を結ぶ。英語タイトルは、企画段階では「Blood and Steel」、その後「Han's Island」になったが、クランク・アップ後、ブルース・リー師祖の主張で最終的に『Enter the Dragon』と決定した。
・この年、イップ・マン師、盟友ジェームズ・リー他界


家族との団らんのひととき。

香港へ凱旋帰国。

「ドラゴンへの道」より、チャック・ノリスとの格闘シーン。

「細鳳」のスチール写真から。
●1973年
2月 燃えよドラゴン』撮影開始。
4月 『燃えよドラゴン』撮影終了。
5 月 同映画の音声吹き込み中に昏倒。意識不明の重体だったが、回復。
渡米し、精密検査を受ける。結果は異常なし。
7月20日 突然の逝去。死因は大脳浮腫。
7月25日
香港で葬儀。
7月30日
アメリカで葬儀・納棺。弟子のスティーブ・マックィー ン、ジェームズ・コバーンらも参列。シアトルのレイクビュー・セメタリーに埋葬される。
8 月19日 グローマンズ・チャイニーズ・シアターを皮切りに『燃えよドラゴン』全米公開。世界中に大ブームを巻き起こす。
9月 検屍裁判の結果、死因は脳浮腫とされる。
10月18日 『燃えよドラゴン』香港公開
12月22日 『燃えよドラゴン』日本公開

◯1978年
・主なアクションシーンのほとんどを撮了していた、『死亡遊戯』完成。監督ロバート・クローズ。
 しかし使用された生前撮影分は、わずか13分ほど。

◯1993年
4月 ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムにその名を刻まれる。アメリカ映画『ドラゴン・ブルース・リー物語』も全米でヒット。
 しかし、その日を心待ちにしていた愛息ブランドンは、これに先立つ3月、主演映画『クロウ/飛翔伝説(The Crow)』撮影中、事故死していた。

◯1998年
 『燃えよドラゴン・特別編』ビデオ発売。
☆英語版でカットされてしまった、ブルース・リーが JKD哲学を語るシーンなどが復刻され、音楽もデジタル技術でドルビーにリニューアルされた。
8月3日〜25日 ユニバーサル・スタジオ・コンシューマー・プロダクツ・ジャパン管理の下、IUMA日本振藩國術館全面協力で、ブルース・リー25周忌記念、世界初の公式イベント「ブルース・リー・エキジビション」日本開催。初来日のリンダ、シャノンが揃って来日しオープニング・イベントに参加。

◯2000年
新世紀直前にまたもブーム到来。『死亡遊戯』未使用フィルムなどを再編集して、アメリ カで『A Warrior's Journey』、日本で『Bruce Lee in G.O.D 死亡的遊戯』の2新作が登場。


『燃えよドラゴン』より

*ブルース・リー
身長:171.5 cm
血液型:B型
(2010年 リンダ夫人の証言による)

『死亡遊戯』より

『燃えよドラゴン』より

『燃えよドラゴン』撮影時のスナップから。
悪役の石堅(シー・キエン)と。

"Walk on!"
どんな逆境にあっても
歩き続けるんだ、と彼は言った。
そして彼は、まばゆいきらめきを
残しながら、ひとつの時代を
駆け抜けていった。

(文中敬称略)