ランキング・システムについて

1)JKDランキング・システムについて

 『ジュンファングンフー/ジークンドー』の歴史で、ブルース・リー師祖より直接『ジークンドー』の最高ランクを認定されたのは、ダン・イノサント師父で、『ジュンファングンフー』の最高ランクはターキー木村師父。
 ブルース・リー師祖の他界後、『ジュンファングンフー/ジークンドー』の世界は、"アンランク"〜"8ランク"のランキング・システムとなり、ブルー ス・リー師祖が最高の"8ランク"、ターキー木村師父が"7ランク"、イノサント師父が6ランクとなり、イノサント師父の生徒の中から(※木村師父はインストラクター認定をおこなわない)、ブルース・リー師祖からも直接指導受けた経験があり、更にイノサント師父のもとで修行を継続していた者の中から、数名をイノサント師父が名誉的な意味を込めて、"5ランク(シニア・インストラクター)"に認定し、その他、数名を"4ランク(フル・イ ンストラクター)"に認定しました。その下には、"3ランク(アソシエイト・インストラクター)"、"2ランク(アプラン ティス・インストラクター/上級クラス生徒)"、"1ランク(中級クラス生徒)"、"アンランク(初級クラス生徒)" が設置され、ブルース・リー師祖を頂点とする三角形が形成されました。


2)イノサント師父認定以外にも存在するランキング・システムの現状

その後、このシステムに従ってランキング認定が行われていきました。しかし、いったんイノサント師父に"3ランク"以上の認定を受けると、そのもとを離れて行く人物が多発しました。そして、それらの人たちが独自の組織を運営し、酷似した名称のランキング・システムを作り、生徒を認定していくという状況に至ったのです。更に、その生徒がまたまた独自に認定を行ったり・・・独自のシステムを作るのは自由ですが師のもとを全く離れてしまうのは憂うべき事です。


3)Walk Onすれば達成できる5ランク昇進!

 また、"5ランク"は、"ブルース・リー師祖からの直接指導を受けた者しかなれない"という誤った情報を流していたアメリカの指導員がいました。

しかし実際はそうでは無く、イノサント師父によると:
●"8ランク"ランキング・システムを設定した当時の小さな三角形において、"5ランク"には、"ブ ルース・リー師祖からの直接指導を受けた者"を、名誉的な意味を込めていきなり認定した。
●巨大な三角形に成長した現在までも、"アンランク"からスタートし、段階を踏んでそこまで行く(修行を継続していく)人間がなかなか現れなかったので、 5ランクには"ブルース・リー師祖からの直接指導を受けた者"しかいなかったにすぎないということです。

 つまり、努力を続ければ誰でも"5ランク"まで昇格する可能性はあるのです!


4)まとめ〜ランキング図・ランクとフェイズ

さて、これまでの情報をIUMA日本振藩國術館/日本JUNFANクラブのフェイズ認定と合わせてまとめておきま しょう。

 ランクとフェイズは1:1対応ではありませんが、フェイズを上がることによって、指導者から上位ランクとして認定される可能性が出てきます。
 例えば、日本JUNFANクラブではPhase-4として認定された人々が、Rank-2のアプランティス・インストラクターとして認定されました。
 つまり、日本JUNFANクラブでフェイズを上がることが、そのままブルース・リー・ジークンドーのランクを駆け上がることに繋がるのです。フェイズ認定は各人の「努力の成果」です。

 ブルース・リー師祖がアメリカ・ロサンゼルスに開設していた道場「振藩國術館ロサンゼルス校」をルーツとする正統系譜の日本組織「IUMA日本振藩國術館」の各フェイズ&インストラクター認定は、その代表者である中村頼永師父が直接認定し、更に、全ての認定者は、ダン・イノサント師父公認となります。認定を受けた者は皆、ブルース・リー師祖の魂を受け継ぐ正統血統ラインの認定者となるのです。

WALK ON!!

*尚、右上のランキング図は模式図であり、Phaseは4が上限ではありません。また、色分けには特に意味がありません。