ニュース‎ > ‎

ダイドーブレンド 「ブルース・リー フィギュア コレクション」 キャンペーン

2012/12/04 2:45 に kanejeet が投稿   [ 2012/12/29 21:06 に更新しました ]

<ダイドードリンコ公式ウェブサイトより転載>

 ダイドーブレンド  『ブルース・リー フィギュア コレクション』 キャンペーン

●ブルース・リー財団監修「ブルース・リー フィギュア」(全10種)がついてくるオンキャップキャンペーン
 本キャンペーンは、弊社が「ダイドーブレンド ブレンド微糖」を対象商品として、11月19日(月)より実施するコラボレーション企画です。
 ブルース・リー財団日本支部最高顧問中村頼永氏の監修により、ブルース・リーのカンフーポーズを再現した、全長約7センチの組み立て式リアルフィギュア全10種類を用意。対象商品を1本購入すると、フィギュアが必ず1個ついてくるオンキャップキャンペーンです。

 今回、弊社オリジナルのフィギュアコレクション(全10種)には、武術とハリウッド映画を掛け合わせカンフー映画のカテゴリーを確立し、今なおファンに親しみを持たれている伝説の武闘家「ブルース・リー」を採用。今にも動き出しそうな躍動感溢れるフォルムは、ファンならずとも欲しい一品です。ぜひ10種類すべてをコンプリートし、お楽しみいただければと思います。

 ブルース・リーのアクションに対する探究心と、20種類の焙煎豆をブレンドした「ダイドーブレンド ブレンド微糖」の味わいへのこだわりとは、共通するところがあります。本キャンペーンを通じて、ブルース・リーの功績とともに、「ダイドーブレンド ブレンド微糖」のこだわりの味わいに、より多くの方へ触れていただきたいと考えています。そして、新たなファンを獲得してユーザー層を拡大し、「ダイドーブレンド」が今後も長く愛され続ける缶コーヒーのブランドとなるよう努めてまいります。





< 『中村頼永監修』 について>

 制作者側から今夏、このキャンペーンの監修依頼を受けた中村頼永師父。
 その依頼を受けた時点で、制作者側の要望として既にフィギュア10種類のポーズ(基本的に各ブルース・リー主演映画のコスチュームとは一致しない衣装)や原型師など全てが決まっており、フィギュア製作段階での中途参入での監修協力。
 総計数百万個のフィギュアを生産するため、全ての行程スケジュールが既に綿密に立てられている中、全長約7cmの全身像をリアル造形で10種類という異例数の依頼で、その原型製作&監修は、2週間弱の過密強行スケジュールの中で行なわれました。
 「ブルース・リー」をよく知らない世代の若い原型師は、中村師父の沢山の細かい指摘を、徹夜の連続で締め切り一杯まで体力の極限と戦いながらも頑張りました。
 こういったキャンペーンおまけフィギュアの製作&監修は、一般販売されるおもちゃメーカーのフィギュア製作&監修とは大きく異なります。
 この製作期間の短さで全長約7cmで全身像リアル造形10種類という企画自体が異例で、1体を1日で完成(改善指摘による修正含む)させる、それを更に10体というのは本当に大変な作業です。

 納品締め切りの都合上、残念ながら中村師父の監修視点が全てに反映されたわけではありませんが、当初の予定通り、ブルース・リー師祖の誕生月に発行できたことが何よりです。ダイドードリンコからのプレゼント!

 Happy Birthday Sijo BRUCE LEE!


 メンバーの皆さん、これら10体、是非コンプリートして並べて楽しんで欲しいと思います。

 ここに、それら原型10体を公開致します。