ニュース‎ > ‎

中村頼永師父 ブルース・リーズ ジークンドー&フィリピノカリ  5月・日本縦断セミナー&合同稽古会

2014/04/06 16:17 に HP管理人 IUMA が投稿   [ 2014/05/15 15:09 に JUNFAN JKD さんが更新しました ]

<『木人』について>
 ジュンファン/ジークンドーのトレーニングにおいて、大切な局面の一つに木人椿法があります。そのトレーニングを実践するために用いる『木人(ウッデン・ダミー)』は、その作り方の構造に大変重要な意味を持っています。
良い木人椿法のトレーニングには、良い『木人』が必要で、その『木人』の構造、出来の善し悪しが、そのトレーニングの善し悪しを左右します。色んな業者が製作し多種存在している『木人』ですが、残念ながら良い『木人』は意外に少なく、表面を(誤解して)真似ただけの物が多いのが現実です。それは、『木人』を製作する者がその使用法を熟知していなかったり、良い『木人』を見た事がないのが原因です。太い幹に単に手が差し込んであるだけのモノではいけません。『木人』の構造には絶対に欠かせてはいけない幾つかの重要ポイントが存在し、それが出来ていない『木人』では、正しい技法が体現出来ません。手(腕)部位自体の形状、差し込む部位自体の形状、手(腕)部位から差し込む部位への不均等な繋がりと左右作りの違い、差し込む穴の形状と大きさと角度、幹を吊る横棒と設置部分、その他。
 そこで、今回、開催される東京、大阪、博多での各合同稽古会&セミナーで、『見るだけで勉強になる』完璧な作りの木人(上半身ダミー)を持参して、その構造を実際に見て貰います。
その使用法を熟知していればしている者ほど、目から鱗が落ちるでしょう。良い『木人』とは、どのような作りの物なのかを実際に見て知る事は、とても大切な事です。
------------------------------------------------------------------------------
東京 合同稽古会
*ジークンドー(ジュンファン)とフィリピノ・カリの稽古会。

開 催 日/5月4日(日曜)
●対  象/IUMAメンバー&カルチャー教室所属メンバーのみの合同稽古会です。
■受付時間/16:30〜 *予約不要。当日受付です。
■稽古時間/17:00〜20:30 (3時間30分)

■開催場所/『深川スポーツセンター・第1武道場(柔道場)』 (シューズ不可)
        東京都 江東区 越中島1ー2ー18
 <アクセス案内> http://www.koto-hsc.or.jp/sports_center2/introduction/
■アクセス/東京メトロ東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町駅」4番出口(徒歩5分)
       /JR京葉線「越中島駅」1番出口(徒歩2分)
         または都営バス 門33 門19 海01 「越中島」(徒歩1分)

■お問合せ/日本JUNFANクラブ東京支部:高部
         TEL:090−7634−7771
------------------------------------------------------------------------------
大阪 セミナー
*ジークンドー(ジュンファン)とフィリピノ・カリのセミナー。

開 催 日/5月10日(土曜)
●対  象/IUMAメンバー、及び、一般参加可能のセミナーです。
■受付時間/12:45〜 *予約不要。当日受付です。
■稽古時間/13:15〜16:45 (3時間30分)

■開催場所/『市民交流センターよどがわ・集会室106』 (室内用シューズ可)
         大阪市 淀川区 加島1ー58ー8
 <アクセス案内> http://www.kashima-hra.com/map.html
■アクセス/JR東西線「加島駅」1番出口より東へ650m(徒歩10分)
       /梅田・十三より市バス「神崎橋」「加島駅」行き、
       または阪急バス「加島駅」「阪急塚口」「西川」行き「加島中」下車、南へ250m(徒歩5分)
       /赤バス「勝目1丁目」下車、北へ350m(徒歩5分)

■お問合せ/日本JUNFANクラブ大阪本部:西
         TEL:090−3280−5985(PM7〜10時厳守)

<セミナー受講料>*受講料が変更となりましたので御注意下さい。
         IUMAメンバー:12000円/中高生:9000円/小学生:7000円
         一般:14000円/一般中高生:11000円/一般小学生:9000円
------------------------------------------------------------------------------
博多 セミナー&木人集中特訓会
*<第1部>ジークンドー(ジュンファン)&フィリピノ・カリのセミナー、
  <第2部>ジュンファン木人椿法のセミナーは、実際の木人を設置し、
  ブルース・リー師祖が詠春木人椿法を改良し、創案した木人椿法の詳細を解説し伝授。
  間違え易いポイントは集中特訓します。

開 催 日/5月11日(日曜)

<第1部>ジークンドー(ジュンファン)&フィリピノ・カリ
●対  象/IUMAメンバー、及び、一般参加可能のセミナーです。
■受付時間/15:00〜 *予約不要。当日受付です。
■稽古時間/15:30〜18:30 (3時間)

<第2部>ジュンファン木人椿法
●対  象/IUMAメンバー、及び、一般参加可能のセミナーです。
■受付時間/18:40〜 *予約不要。当日受付です。
■稽古時間/19:00〜21:00 (2時間)

■開催場所/『ウエルネスパーク花倶楽部スタジオ』 (室内用シューズ可)
         福岡県 糟屋郡 新宮町 花立花4-1-1
■アクセス/・JR鹿児島本線「福工大前駅」下車
        →新宮町コミュニティバスマリンクス、山らいず線に乗り、「花立花」バス停下車すぐ
        ※バスは1時間に1本しかないので、時刻表をお調べ下さい。
        ・九州自動車道古賀インターより車で約15分
        ・福岡都市高速香椎東出口より車で約15分 

■お問合せ/日本JUNFANクラブ福岡新宮支部:本徳
         TEL:080−1731−3799

<第1部・セミナー受講料>
         IUMAメンバー:10000円/中高生:7000円/小学生:5000円
         一般:12000円/一般中高生:9000円/一般小学生:7000円
<第2部・木人セミナー受講料>
         IUMAメンバー:7000円/中高生:4000円/小学生:2000円
         一般:9000円/一般中高生:6000円/一般小学生:4000円
------------------------------------------------------------------------------
<持参物>IUMA会員証、運動着。
      フォーカスミット、グローブ、スティック、練習用ダガなど所有者は持参。
     *室内用シューズ持参。
     *博多・第2部・木人セミナーは、フォーカスミットやグローブ類の持参は必要ありません。
<備 考>参加者全員に合同稽古会(セミナー)修了証授与。
     IUMA新旧Tシャツ、特製シャツ、スティック、ダガ、その他、用意予定。
     当日入会、及び、当日新期更新申し込み手続き可能。基本的に見学、撮影不可。
<お知らせ>
今回の日本縦断セミナー&合同稽古会の各会場で、これまでにPHASE認定(Phase1~3)
を受けて、まだPHASE認定証(Phase-1~3)を受け取っていなかった認定メンバーの分を
まとめて、それぞれ所属する各ジュンファンクラブ代表者(或いは、代理人)に手渡しします。

*セミナー、合同稽古会について直接、会場へのお問合せはご遠慮下さい。
*記述したお問合せ先へのお問合せ内容は、セミナーについてのみとさせて戴きます。



★『語れ!ブルース・リー』発売中!
http://www.bruceleejkd.com/headlinenews/katare_bl

ブルース・リー師祖73歳バースデーの日、2013年11月27日に、
KKベストセラーズからブルース・リー師祖を特集した永久保存版ムック
『語れ!ブルース・リー』が発売!
これは、「ブルース・リー没後&『燃えよドラゴン』公開40周年記念」の記念公式読本。

中村頼永インタビュー『截拳道とは何か』(4ページ)、
中村頼永実演『超電光石火! 6秒以内で倒す! 截拳道テクニック』(9ページ)掲載。

*ブルース・リーエンタープライズ承認
*A4判変型:平綴じ
*全ページオールカラー
*定価980円




<The Three Stages in Jeet Kune Do>

(1)Sticking to the Nucleus(核への執着)

(2)Liberation from the Nucleus(核からの解放)

(3)Returning to Original Freedom(本来の自由への回帰)

 JKDマン(ジークンドー修行者)は、格闘においても、人生においても、“自由”を目指し、自分自身を “自由に正直に表現” するように心掛け実践していきます。しかし、“自由”といっても、そこには段階があり、先ず、ブルース・リー師祖の遺された『核』となる沢山の武技、戦術、トレーニング方法、JKD哲学などを正しくしっかり学び、その理念を通してそれらを洞察吟味し、その教えに基づくモノを自分に当てはめて取捨選択して自分に反映し、自分自身のモノを創り発展していかなければ、それはJKDでは無く、単なる自分流の知識の寄せ集めにしか成り得ません。

 その修行の道は、ブルース・リー師祖から正式指導員認可を受けた人から、または、その「正式指導員認可を受けた人から正式指導員認可を受けた人」から・・・というように、血統歴史が正しく繋がる正統ライン上での指導を受けながらの修行が大切です。誰からも正式な指導員認可を受けていない人が見よう見真似で格好、動きの上辺だけ真似、自ら勝手に指導員を名乗っている場合、そこには正統的歴史が存在しておらず、技法も上辺だけ真似たもので、これでは正しいJKDは実践でき得ませんし、大きな危険性も孕んでいます。(正統な組織には、必ず『ブルース・リー師祖』まで繋がる正統継承図、組織図が有ります)

 JKDの修練は、先ず、『核への執着』、『核』に忠実に実践していく事が必須です。その理由は、誰からも正しい指導を受け続けていない者は、自分勝手な研究や練習に於いて、例えの表現として、例えば「1mm」間違った事を正しいモノだと迷信して進んでいくと、誰からも修正して貰えないため、それは最初小さな間違いであっても時間経過と共にその間違った事項はどんどん真実(ブルース・リー師祖のJKD)から離れていってしまうからです。JKDの第1ステージで『核』を正しく学ばねばならない段階で、これではJKDを実践できません。常に正しい指導者の下で正しい『核』を学び、常に間違いを指摘、修正して貰える環境(正式指導員の下)で修練を積んで行く事が肝要です。正しい環境で正しく『核』を身につけていく事はそんなに容易い事でもなく、折れない心と地道な努力-----WALK ONの精神-----が必要です。楽な方へ逃避する事なく、自分自身を厳しい環境に置く事で『核』はしっかり身に付いていきます。この『核』は土台となるモノですから、しっかりしていればしているほど、強固なJKDを実現できます。

 故に、JKDの修練とは、正統な正しい指導者のもとで、正統な歴史を背負って、正しく『アート&フィロソフィー』両面を学び、その理解と実践に努める、これが必要不可欠なのです。私達はその正統的なJKDを稽古し、自らの成長を実現し、継承し、後進へ伝承していき、未来へと繋げて行くその正統歴史の一部となるのです。

私が術を学ぶ前、私のパンチは単なるパンチで、キックは単なるキックだった。術を学んでからは、私のパンチはもはやパンチではなくなり、私のキックもキックではなくなった。しかし、術を理解した今、私のパンチはやはり単なるパンチで、私のキックは単なるキックに過ぎない』(by BRUCE LEE)