ニュース‎ > ‎

(New!)マガジン etc. メディア情報(その1〜その8)

2017/06/23 19:14 に 関誠 が投稿   [ 2017/08/10 6:10 に JUNFAN JKD さんが更新しました ]

大評判となった5月6日のトークショーに続き、中村頼永師父が、様々なメディアで大いに語ります。ご期待下さい!

 (*5・6トークショーのニュースはココを参照 http://www.bruceleejkd.com/headlinenews/20170506 )


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【その1】『週刊現代(2017年7月8日号)』誌


6月26日(月曜日)発売の『週刊現代』誌(2017年7月8日号/講談社)に、「週現『熱討スタジアム』246回/『燃えよドラゴン』ブルース・リーを語ろう/千葉真一✖️中村頼永✖️宇田川幸洋」が掲載!

毎回マニアックなテーマについて濃いメンバーが集結、徹底的に語り合う「週刊現代」の人気コーナー。

今回は、いよいよブルース・リー師祖を題材に、アクション・スター千葉真一さん×中村頼永師父×映画界の重鎮・宇田川幸洋氏が語り尽くします!(これは、今月8日、都内某所で行われた鼎談をまとめたもの)

『燃えよドラゴン』世界的大ヒットの直後、〝カラテ・アクション・スター・サニー千葉〟として大活躍し、現在も映画を通して武士道の真髄を広めようと奔走する燃える男〝千葉ちゃん〟、われらが中村師父、そして70年代に『ブルース・リーの伝説』を翻訳するなど、師祖や香港映画に造詣が深い映画評論家の宇田川幸洋さん(74年には小説版『死亡遊戯』も執筆!)。

初顔合わせのこの三人が語る、「ブルース・リー」の凄さ、そして魅力とは!?

今回の歴史的鼎談は、絶対見逃せません!!!


【週刊現代デジタル】で読むことができます。 http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/42736/


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【その2】 書籍『ブルース・リーズ ジークンドー』増刷!


今年3月22日に発売された書籍『ブルース・リーズ ジークンドー 〈増補改訂版〉』が6月1日付で増刷されていた! 「今の時代に増補改訂版が増刷になるのは、大変な好成績です」と編集部。発売後、武道書カテゴリーでは売行きランキングでトップも獲得。

前回の『増補改訂版』では、ブルース・リー財団の校正チェックで修正依頼した部分が何故か1つ漏れており、それが今回の増刷版ではきちんと修正(P336のキャプション)が施され『完全版』に。

※書店によっては、まだ『増補改訂版/第1刷』(『完全版』でない3月発売のもの)が置かれていることがあります。これからお求めになる方は、該当ページや奥付をご確認ください。



 ◼︎BUDO-RA BOOKS 『ブルース・リーズ  ジークンドー 〈増補改訂版〉』
 ◼︎監修:中村頼永
 ◼︎フル・コム(編)/ 東邦出版
 ◼︎定価:本体2300円+税

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【その3】『月刊 サクラサクライフ(7月号)』誌


6月28日発行『月刊 サクラサクライフ』誌7月号に特集されている『カンフー映画特集』の「拳術編」で中村頼永師父が『燃えよドラゴン』のワンシーンを再現!

茨城県内・県央地区を中心に発行している地域情報マガジン『月刊 サクラサクライフ』誌は、創刊10年を超え総発行部数18.3万部を誇るポスティング型の人気フリーペーパー。その7月号に特集されている『カンフー映画特集(総5ページ)』の「拳術編」で中村頼永師父(相手役はリトルドラゴン・メンバーのカオリン宮森さん)が『燃えよドラゴン』の「対オハラ戦」トラッピング・シーンを分解写真で解説再現。また、カンフー映画・入門編といった内容ではありますが、映画からゲーム・キャラクターまでピック・アップし、バリエーションに富んだ楽しい誌面になっています。

<サクラサクライフ電子書籍版>  http://www.sakurasaku.tv/special/ebook.html

<サクラサクライフ facebook>  https://www.facebook.com/sakurasakulife/

<サクラサクライフ 公式サイト>  http://www.sakurasaku.tv




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【その4】『G スピリッツ(Vol.44)』誌


6月28日発売『G スピリッツ(Vol.44)』は、『スーパー・タイガー大特集』! 佐山聡先生巻頭ロングインタビュー『旧UWFとシューティングを語る』や、中村頼永師父の同期であった北原光騎氏の『回想 スーパータイガー・ジムとシューティング』など日本総合格闘技(つまり、世界MMAの始まり)の歴史的実話を発表! 当時の貴重写真満載!

佐山先生インタビューでは、当時スーパータイガー・ジムに集った沢山の生徒でも、プロレスラー志望者ではなく、真剣勝負・総合格闘技シューティング志望者の第一号の弟子として内弟子になった「ヨリ(中村師父のことを佐山先生はこう呼ぶ)」が佐山先生から格闘技側の稽古をつけてもらっていた事実の記述、北原氏のインタビューでは、佐山先生からの『陰のプライベート地獄特訓(リアル虎の穴)』を中村師父と一緒に受けていた生々しい事実も公開している。ちなみに、中村師父も同誌インタビュー(北原氏との対談)の打診を受けたが、プロレス専門誌だったので、北原氏に全て託して断っている。

※5月6日の「中村頼永師父トークショー」、そこでゲスト参加の北原氏と中村師父とで交わされた逸話は、ホンのプロローグに過ぎなかった!佐山聡先生、北原氏、そして、中村師父の凄さと苦闘の歴史がより詳細に綴られている!!!これは単なるスーパー・タイガーファン向けの特集記事ではなく、総合格闘技の揺籃を記録した歴史的資料だ!!!








-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【その5】『JKJO Magazine オス!カラテ!』誌


一般社団法人JKJO(全日本空手審判機構)フルコンタクト委員会オフィシャル・マガジン『オス!カラテ!』誌対談企画で、同委員会代表理事の渡辺正彦氏と中村頼永師父が対談。

中村師父は1982年〜84年の東京デザイナー学院時代、同学院内のマーシャルアーツ研究会(通称「MAC」。現在の「空手道MAC」のルーツ)に所属していた。渡辺氏はMACの創設者であり、中村師父のクラブの先輩、そして人生の良き先輩でもある。

また、渡辺氏は、空手道MAC代表と、JFKO(全日本フルコンタクト空手道連盟)副理事長も務めており、中村師父は、JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会・大会特別相談役を務めている。

◼︎発行日:2017年8月10日
◼︎編集・制作:JKJO本部事務局
◼︎発行:JKJOフルコンタクト委員会

<JKJO全日本空手審判機構 ネットショップ> http://jkjo.shop-pro.jp

<渡辺正彦代表理事 6月22日 facebookより https://www.facebook.com/masahiko.watanabe.585

2017年6月22日、ジークンドーの中村頼永氏とオスカラテの取材で対談しました。

水道橋駅から程近いマスクショップで行いました。

USA修斗協会代表の顔を持ち、初代タイガーマスクの佐山サトルさんの弟子でもあり、昔の貴重な思い出話をしたり楽しい時間を過ごせました。

MACの初期の時代からもう30年の付き合いとなります。

中村氏とは、彼がロサンゼルス在住時代には自分が渡米する度に毎回お世話になりました。特に一ヶ月以上滞在した時には、地元の人しか知らない場所などにも連れて行ってもらいました。

今、彼はジャニーズなどの有名人にもプライベートレッスンをして多忙の毎日ですが、心良く取材を受けてくれました。ありがとうございます。

<JKJO(全日本空手審判機構)公式サイト>   http://karate-jkjo.jp/jkjo_group/JFKO_network-info.html

<JFKO(全日本フルコンタクト空手道連盟)公式サイト>   http://fullcontact-karate.jp/jfkoinfo/


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【その6】『プロレス・格闘技マガジン Dropkick』



プロレス・格闘技の専門ウェブマガジン『Dropkick』チャンネルで、中村頼永師父のロングインタビュー!

<ジャン斉藤編集長 6月29日 facebook/Twitterより

https://twitter.com/majan_saitou/status/880353695443017729

https://www.facebook.com/shinichi.saitou.773

https://twitter.com/majan_saitou

シューティングの頭脳にしてヒクソンを日本に呼んだ男、IUMA日本振藩国術館代表・中村頼永氏取材。佐山聡やグレイシーとの出会い、安生道場破り、ヒクソンvs長州戦交渉舞台裏…総合格闘技を作った重要人物にたっぷりと3時間インタビュー。後日Dropkickに掲載します。

『Dropkick』チャンネル  http://ch.nicovideo.jp/dropkick


『Dropkick』チャンネル  http://ch.nicovideo.jp/dropkick

 「佐山先生に言われたんです。俺の影になってくれと」…中村頼永インタビュー<シューティング黎明編>



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【その7】映画『忍びの国』大ヒット上映中!

中村頼永師父のJKD&KALIのプライベート・スチューデントである大野智氏の主演映画『忍びの国』が大ヒット上映中! この映画に師父は「殺陣協力」として関わっており、大野氏を始めスタントコーディネーターやスタントスタッフらに指導。カリやジークンドーの技が上手くアレンジされたアクションシーンは必見! 諸々目に見えない作業を担当したHPスタッフ若村兼児氏の名も映画エンドロールとパンフレットに記載されている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【その8】第16回 関東アマチュア修斗選手権大会

7月17日(日曜日)、東京都新宿区 GENスポーツパレスにて、「第16回 関東アマチュア修斗選手権大会」が開催された。

FRESH「SHOOTO CHANNEL」アーカイブでは各階級優勝者インタビューに加え、USA修斗 中村代表による大会総評も視聴可能。中村代表の総評は修斗関係者には必ず見てもらいたい内容です。(アマチュア修斗委員会 委員長:佐藤ルミナ)

https://freshlive.tv/shooto/135790

FRESH「SHOOTO CHANNEL」では、大会全試合、表彰式、大会総評すべて視聴可能。